マンションとの違い

高層マンションで暮らす

西武線沿いにはたくさんの一戸建てがありますが賃貸マンションの方もたくさんあります。一戸建ては購入する形となって自分の家となって住む事が出来ますが賃貸マンションの場合はその逆となってマンションの部屋を借りる形になります。 西武線沿いの一戸建てに住めば駅の近くにあるので西武線を使っての通勤や通学が楽になりますし、西武線を使って遊びに行くときなども便利になります。 一戸建てのメリットは自分の家となるのでペットを飼うことが出来たりいろいろと自由が多いですが賃貸マンションは部屋を借りる形式になるので一戸建てと比べて自由があまりなくいろいろなことが制限されてしまいます。ですので、一戸建てでの生活に憧れる人は賃貸マンションに比べてたくさんいます。

西武線沿線も、都内ではマイホームの候補地として人気のエリアです。西武線沿線では、一時期は分譲マンションに人気を奪われていた一戸建て住宅も、再び人気が復活しつつあります。 そのため、一戸建て住宅の価格も緩やかに上昇傾向を描いており、しばらくは一戸建て住宅価格の上昇は続くものとみられています。 建設省が行った調査によると、2000年代までは30代あるいは40代の持ち家比率が低下していることがわかっています。西武線の沿線の一戸建て住宅も、当時はジリジリと価格が下がっていました。 ところが、2010年代以降は、ちょうどマイホームを購入する世代の持ち家志向が強まったため、西武線沿線の住宅もそれにつれて上昇してきています。