一戸建てのタイミング

一括で支払う

大切な家族ができたら、次に欲しいのは家族と一緒に暮らすマイホームですが、時代によって価格が変わるため、慎重に見極める必要があります。マイホームを購入するのに良い時期を見極めるためには、常に最新の住宅情報をチェックし、経済状況や予算と照らし合わせて考える事が大切です。 一戸建てには新築と中古がありますが、間取りやデザインを自分で決めるなら一戸建て、間取りやデザインは気にならず前住人がいても気にならないなら中古住宅となります。建物と土地が別代金として請求される新築一戸建ての方が料金が高く、居住歴のある中古の方がリーズナブルな傾向があります。これらの代金に消費税がかかってくるため、増税後の住宅価格はもっと高額になるので、消費税前と後では価格も変わります。

少し前の日本では親と一緒に同居する家庭がほとんどでしたが、高度経済成長やバブル成長期を経て核家族化が進んだことにより、親と一緒に同居しない家庭が増加しています。そのためこれまでは親が所有している土地に住宅を新築し居住する世帯がほとんどでしたが、現在は別の土地を購入し新築を建てる世帯が多いです。 近くに住んでいても離れて暮らす世帯が増えた事で、求められる一戸建てにも変化が起きており、中古市場が圧倒的に増加傾向にあります。中古住宅は土地も建物も含めた値段で価格が提示されているため、分かりやすく新規に探す手間が省けるため、手軽に利用できると人気の物件となっています。新しい家族とともに生活を始めるために購入する一戸建てですが、親家族と生活様式の変化により、あらゆる面での変化が見られます。