高層ビル

少しでも高く売却するなら

家の図面を見る

マンションの売却時に大切なのはマンション自体の管理がしっかりできている必要が有ることです。管理不足で経年劣化や掃除などが不届きの場合は不動産の価値は下がっていきます。売却を考えた運用が大切です。

不動産売却方法

マンションからの眺め

不動産売却は大きく2つに分けることが出来、不動産業社に直接売却する方法と不動産業社に仲介してもらい買い手を見つける方法が存在します。どちらもメリットが存在し、価格と手軽さが大きく異なります。

マンションとの違い

高層マンションで暮らす

西武線沿いにはたくさんの一戸建てがあります。賃貸マンションは部屋を借りる形式なので色々な制限がありますが、一戸建ては自由度が高いです。一時期は分譲マンションに人気を奪われていた一戸建ても、再び人気が復活しつつあります。

2次試験突破のカギ

空いている部屋

不動産鑑定士の2次試験は筆記試験となります。試験科目は鑑定理論・民法・経済学・会計学からなり、不動産鑑定に関する知識以外にも一般教養科目の知識が試験では必要となります。これは試験合格後に実務で知識が必要となるためなので試験のための勉強に限りません。独学でこれらの科目の勉強をして試験に臨むことは非常に大変です。大学の経済学部や法学部で学んだ方であれば知識のベースがあるので勉強も入りやすいでしょうが、多くの方がそうではありません。そこで資格予備校を利用して勉強する方が多く、実際の合格者も多くの人が資格予備校出身者となっています。資格予備校であれば基礎から教えてもらえ、毎回フォローのテストがあるため学習がしやすいです。

難関資格に晴れて合格し、登録講習を通るといよいよ鑑定士として仕事をスタート出来ます。資格試験合格を目指す人の中にはすでに試験資格中に一般企業を辞めて不動産鑑定士事務所で修業を始めている人もいます。有資格者で事務所を開設したからといって仕事が舞い込んでくることはまずありません。また実際に仕事を行う時のやり方も試験に合格しただけではわかりません。なので仕事の修業が必要です。不動産鑑定士の個人事務所に入所していれば実際に実務にふれることもできるので、本気で考えているのであれば資格試験勉強中から入所するのも悪くないです。但し事務所によっては非常に忙しく勉強時間がとれないといったところもありますので、入所面接の時などちゃんと確認しておきましょう。